カリキュラム

各回は「レクチャー」と「グループワーク」で構成されます

レクチャー

  • ソーシャルワークの理念と実践
  • 多様な文化とアイデンティティの理解
  • オーストラリアの先駆的な理念と実践
  • 社会的養育の国際的な理念と家庭養育優先の原理
  • 社会的養育と家庭養育の歴史と制度
  • 社会的養育に関連する公的機関と民間機関
  • 社会的養育に関連する法律
  • 子どもの発達と社会的養育や保護の経験
  • 子どものトラウマとアタッチメント
  • 子どもの性的問題行動と性的搾取について
  • 実親等への理解と協働の重要性
  • ライフストーリーワーク
  • 家族理解(家族療法)
  • エビデンスやデータを現場で活用する方法

グループワーク

  • 多様性の理解
  • 安全な養育
  • 里親理解とチーム養育
  • 自己覚知
  • ケース検討
  • 関係性の病理(社会病理学)
  • 子どもの問題行動
  • 当事者から学ぶ
  • 里親の不適切な養育への対応

※受講生の皆さまのニーズを聞いて、具体的に進めていきます。

ページの先頭へ戻る